【保存版】住んだあとにできる断熱気密の方法まとめ

新築なのになんで夏めっちゃ暑いし、冬もすっごい寒いんだろう…

冬の朝なんて耐えられないくらい寒いよね…

実は日本の断熱基準は先進国の中でもすごく遅れてるんだ

じゃあ新築で断熱性能が低くてもしょうがないってこと!?

住んだあとでも断熱性能を上げる方法はいくつかあるよ
優先度順に説明していくね

この記事でわかること
  • 住んだあとにできる断熱性能アップの方法
  • どこから性能アップに取り組んだらいいか
  • それぞれの大まかなやり方や道具
まえ
この記事を書いた人
  • 都内の高級リフォーム会社10年勤務
  • マンションから戸建てまで幅広く施工
  • リフォーム実績100件以上
  • 施工管理技士
目次

優先度1位 窓の断熱

出典:一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会

窓断熱が最優先な理由

普通の家は窓が1番の熱逃げポイント

高気密高断熱がウリの大手ハウスメーカー以外で建てた家だと、窓の性能はハッキリ言ってイマイチ

樹脂サッシ+トリプルガラスでもないかぎり、窓からはいつも「熱という名のお金」が逃げています

窓断熱のポイント
  • 【夏】日差しの熱をさえぎって、中の冷気を外に出さない
  • 【冬】日差しの熱をたくさん入れて、中の暖気を外に出さない

内窓(インナーサッシ)がコスパ最高

出典:YKKAP

だから、新築ふくめた多くの家で内窓(インナーサッシ)の効果は絶大です

家中に内窓をつけても1日で取り付けが終わるお手軽さも◎

家の中が快適温度になったときの体調の良さを知ってほしい!

\ 高断熱をはじめよう /

夏の日差しは外でシャットアウト

出典:エコハウスのウソ2

夏の日射をさえぎるには外ブラインドがベスト

コスパ的には簾(すだれ)が最高だけど、ちょっと暗くなりすぎるみたい

室内でさえぎるカーテンやブラインドも悪くないけど、冷房効率にこだわるなら外ブラインドが◎

\ 夏の日差しをさえぎる /

FIX窓の内窓は自分で作れる

FIX窓は開け閉めできないはめ殺しの窓

FIX窓の内窓も、動かす必要がないから作りが簡単です

材料も道具もホームセンターで揃うし、節約できるところは積極的に!

作り方はものLabさんのブログが分かりやすかったよ

カーテンよりも「ハニカムスクリーン」が断熱性能高い

ハニカムスクリーンは空気層があって断熱効果が高い

市販品を買うならニトリかIKEAが安くてオススメ

ニトリより少しだけ高いけどIKEAがオススメだよ

優先度2位 床下の断熱・気密のアップ

床点検口から「床断熱か基礎断熱か」を確認

床下収納のフタを開けて、中の収納箱を持ち上げると床下に入れるようになっています

関東より南でメインの「基礎内断熱」と「床断熱」を解説します

関東より南はシロアリ対策が必要だよ

床断熱工法

出典:城東テクノ株式会社
床断熱
  • 床の土台の間に断熱材を入れる工法
  • 基礎内は外気が流れている
  • 気密処理は土台上でフィルム貼りか、ベニヤのスキマを気密テープ
  • 昔からある工法で、古い工務店だと気密してない場合もある。要チェック!

基礎内断熱工法

出典:城東テクノ株式会社
基礎断熱
  • 基礎の外周部内側にスタイロフォームを貼り付ける工法
  • 基礎内は密閉されている
  • シロアリ対策と、コンクリ打設初期出る湿気を乾かす工夫が必要
  • 構造木材や防蟻の薬剤を含んだ空気が室内に入ってくるため、対策が必要
  • 基本的に気密が取れている工法

床断熱工法だった場合の断熱リカバリー方法

まずは床下の状況をチェック!

点検口から頭を突っ込んで基礎断熱ならひとまずOK!

床断熱だったら、床下に潜り込んで細かくチェックしよう

床下チェックリスト
  • 基礎断熱か床下断熱か
  • 断熱材の種類 グラスウールかウレタン吹付けかスタイロフォームか
  • 断熱材をちょっとほじくって、指で気密フィルムを確認
  • 配管の穴まわりのスキマを確認

断熱材がスタイロフォームのとき

出典:デュポン・スタイロ株式会社
スタイロフォームとは
  • でっかい板状の発泡スチロール
  • 正式には「押出発泡ポリスチレン」
  • 現場では他社のものでも通称「スタイロ」で通じる
  • 軽くてカッターで簡単に切れる

配管周りはスキマが空きがち

発泡ウレタンを吹き付けて、スタイロフォームと配管のスキマをふさごう

5mm以上の床根太とのスキマも発泡ウレタンでOK

5mm以下だったら気密テープで塞ぎましょう

¥1,673 (2023/02/27 19:38時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

発泡ウレタンは床下でも扱いやすい小さめが◎

適当なテープだと劣化するから気密テープにしとこう

断熱材がグラスウールのとき

出典:城東テクノ株式会社
グラスウールとは
  • 綿を集めて柔らかい板状にした断熱材
  • 袋入りと、裸のままのタイプがある
  • 袋入りタイプは湿気放出するための裏表に注意
  • 綿状だから直接テープが貼れない
  • 旭ファイバーグラス社のアクリア以外、触るとめっちゃチクチクして不快

床下にもぐってグラスウールを追加!

さらに上から透湿防水シートを気密テープで貼って塞ぎましょう

テープだけだと大変なのでタッカー(デカホチキス)も使うと楽です

配管周りはハサミとテープで工夫して貼っていきます

グラスウールにスタイロフォームを追加すると通気性が悪くなって結露するからNG!

¥4,933 (2023/02/27 20:12時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

床下で貼る人と、カットする人の2人体制でやろう

¥5,873 (2023/02/27 20:14時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

タッカーは安物だとパワー不足で苦労します

優先度3位 天井裏の断熱・気密のアップ

天井裏の断熱工法を確認

まずは最上階の天井点検口を開けて既存の断熱工法を確認

天井裏に登るには6尺以上の脚立が必要だよ

低い脚立で無理して上がると降りれなくなっちゃうんだよね

軽い足場板もあったほうが天井裏歩きやすいね

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥7,148 (2023/02/28 20:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

屋根断熱工法

グラスウールの屋根断熱
屋根断熱
  • 屋根板のすぐ下、斜めの部分に断熱材を充填する工法
  • 天井断熱に比べて厚い断熱材を使う必要がある
  • 屋根と天井の傾斜が同じ場合に使われる
  • 断熱材を追加するには天井ボードの解体が必要
  • 屋根裏の空間を有効に使える
  • 冷暖房の有効空間が広くなる分、光熱費が多め

天井断熱工法

グラスウールの天井断熱
天井断熱
  • 天井裏にグラスウール断熱材が敷いてある工法
  • 基本的には天井断熱の家の方が多い
  • 屋根断熱よりも断熱材の量が少なくて済む
  • 天井下地の吊り木や電線でめくれて断熱欠損になることが多い
  • 屋根裏の空間は無断熱のため小屋裏収納には向かない
  • 冷暖房空間がコンパクトになる分、光熱費が安く済む

天井裏断熱リカバリーのやり方

屋根断熱のとき

基本的には屋根の傾斜に合わせた「勾配天井」のときに取られるのが屋根断熱工法

だから、断熱材を追加するには天井の解体が必須になります

大変な工事になるので大規模リフォームのタイミングでやるしかありません

天井断熱のとき

まずは吊り木や電線でグラスウールがめくれているところを、カットしてピッタリと天井に敷き詰めます

その後、裸のグラスウールを既存のグラスウールの上にスキマなく敷き詰めます

袋入りの場合は、必ず袋をベリベリめくってから敷くこと

袋入りのまま重ねると結露になるからゼッタイNG!

天井裏にさえ登れれば割とできちゃう工事だね

天井踏み抜かないようにね!

優先度4位 スイッチ・コンセント穴のスキマふさぎ

スイッチ・コンセントから風を感じたら気密が取れていないサイン

プレートをはずして壁の中に「埋込防気カバー」を取り付けます

¥60 (2023/02/20 19:41時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥121 (2023/02/20 19:44時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

スイッチ・コンセントの幅によって使い分けます

3連用もあるよ

詳しいやり方はチャンネルあきさんの動画がわかりやすいです

出典:チャンネルあきさん

電線の抜き差しは電気工事士資格が必要だから、ハサミとテープで工夫してるね

優先度5位 熱を逃さない換気扇に交換

出典:三菱電機 ロスナイ

いわゆる第一種換気という換気方式の中で「全熱交換式換気扇」をとりつけます

換気しながら室内の熱と湿度を逃さない魔法みたいな換気扇

上記1位から4位までの断熱気密リカバリーをクリアしたら換気扇交換を考えてみよう

全熱交換式換気扇
  • 給気と排気を同じ換気扇に一度通すことで、熱はそのままで空気だけを入れ替える換気扇
  • ロスナイは三菱電機の商品名だが、通称「ロスナイ」で通じる
  • 天井裏に設置する先付けタイプと壁に設置する後付タイプがある
  • 第一種換気方式とも呼ぶ
  • 他の換気方式と比べて快適な反面、導入コスト・電気代・メンテコストが高い
  • 空調電気業者の工事が必要
  • 新たに外壁に穴あけが必要

後付タイプと先付タイプがあるね

もう住んでる人は後付タイプがコスパいいね

\ ロスナイは業者に依頼しよう /

ダメ押し 気密測定してスキマを徹底的につぶす!

出典:日本住環境株式会社

もうこれ以上やることないと思ったら、最後のダメ押しで気密測定を依頼しましょう

家の隙間をあらわす「C値」を測定して、気流のを探して家中のスキマを見つけてくれます

イエのサプリさんは日本住環境株式会社の公式You Tubeだよ

まとめ:まずは内窓からはじめよう

出典:一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会

住んだあとからできる断熱として、優先度順にやってきました

その中でも窓からの熱損失がとにかく多い!

小さな穴を一生懸命ふさいでも効果は出ない

まずは1番大きな穴である「窓」から対策していくという順番を守ることが重要です

床や天井はそのあとに考えましょう

\ 高断熱をはじめよう /

内窓設置後の快適な温度のリビングを体験してほしいです…!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次